--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/07/19 (Sun) 花火大会

昨日と今日、2日間開催の横浜は山下公園の花火大会。

家族で見に行ってきました。

レジャーシート敷いて、子供用に夕食のお弁当持って。

夫はビール(金麦)。私はハーゲンダッツ。

弾けた後、垂れ桜のように光が残るタイプの大きな花火がありますよね。あれを見て大人が「ここに落ちてきそう」と言うと、立ち上がって手のひらを上に向け、火の粉を受けようとする息子(3歳)。

「とれなかった」

と報告。もう一度トライしてみたけど、やはり火の粉つかめず。

ピュアな精神を見ました。

帰宅後、お風呂で花火の感想を聞いてみると

「かおの花火すきだった。あと、ハートとかね、かおとかね」と顔を模した花火が気に入った模様。

タオルをしぼったものを(棒状になってる)を手に取り、何をするかと思ったら耳にあて「もしもし!」電話かい!

「もしもしー、サンタクロースですか?」とサンタさんに電話が繋がったらしい。いきなり「かわるね」と母に受話器(タオル)をパス。「…もしもし?サンタさんですか。はい、はい、、あー、サンタさんは夏は寝てるんですか。あなたは…トナカイさん?」と話をもりあげてみた。「サンタさんは12月の寒いときに忙しいから、今寝てるってトナカイさんが言ってるよ」と子供に説明してみる。

「え?もしもし!…サンタさん、起きてるよぉ。」とまたまたキラーパス。

「そうかな?起きたのかなぁ、じゃあ"いい子にするからプレゼントお願いします"って言っておきなよ」

「うん。いいこにするからおねがいします」

電話が切れた。

「サンタさん、きょう来るかな?!」もう期待している。ピュア再び。
「うーん、クリスマスにならないと来ないと思うよ(笑)」
ちょっとがっかりした3歳。続いて、

「ぷるるる、ぷるるる」またタオル電話をかけ始めた。
「もしもしー、あかおにさんですか!」
「え?!赤鬼さんなんて怖いから電話しないでよー」と母も本気で怯えてみる。受話器を渡されたので、
「も、も、もしもし…?赤鬼さん?え、違うの。あ、ゾンビさん?!どうしよう、ゾンビにつながっちゃったー!何か"ごぉぉおー。おーー"って言ってる!!」
慌てる子供「ゾンビこわいー。」
「大丈夫!悪い子のところに行くって。良い子にしてれば来ないって言ってた!」
「じゃあいい子する…」
「もしもし?ゾンビさん、私は○○のお母さんですが、○○は良い子にしますから、来ないでください。はい。じゃあさよなら。」

電話終了。

この後いつもよりテキパキとお風呂から上がり、スムーズに歯を磨いて、トイレ入って、就寝と相成りました。子供の想像力って強い。

スポンサーサイト

日記 | trackback(0) | comment(0) |


2015/06/21 (Sun) 出産から2ヶ月

次男の出産から早くも2ヶ月が経とうとしています。
早い。
早すぎる。

次男に授乳して抱っこしてる内に、一日が終わってしまう。加えて長男のイヤイヤ、ワガママ、赤ちゃん返り。

同時期に第2子を出産したママ友たちとの気持ち共有が救いになっています。

長男の保育園で、子供たちが同じクラスのママ友二人。できた人たちで、距離感の取り方がうまい。働く大変さも育児の難しさも(幸せも)共感ポイント多し。

当事者同士の強みで、あることないことLINEし合って、泣いて笑う、日々の癒し。特に深夜。。

赤ちゃんは無条件に可愛いです。
こんな時期ってすぐ過ぎてしまうんですよね。今を大切にしなければ、と思います。

次男が生まれて、長男との愛情の分配に悩んだのも一瞬、分配する必要はなくそれぞれちゃんと可愛いと思えました(ほっ)。自分は一人しかいないので、物理的に面倒を見るのは一人ずつになるけど、愛情はそれぞれに注げます。3歳児には3歳児の、新生児には新生児の可愛さがあります。

目下の悩みは、自分のイライラを夫に八つ当たりする(気付くとケンカ売ってる)こと。

おおらかな母になりたいのに、イライラピリピリしてしまう…主な原因は、長男の、理想の育児方針が実現できないから。

特に砂糖とテレビ(スマホや動画含む)。

実家に帰省したときの長男は穏やかでご飯もよく食べた。ちょっとビデオを観る以外は電子機器とは無縁の生活。お菓子もジュースも与えず。でも基本、機嫌が良い。

都会に帰ってくると、一気にワガママ再燃、爆発。ご機嫌とりのためにお菓子や映像を与えて黙らせる機会が多いせいだと思っています。

お姑さんは私の大嫌いな「菓子パン」や清涼飲料水をあげるのが大好き。かつてご飯とアイスクリームを同時に食事させて子育てしたことを何度も自慢するくらい。食べさせることが大事で中身は何でも良いみたい。

夫は無類のゲーム好きで、子供にビデオや動画を見せることに何の抵抗もない人。テレビ見ながら食事なんて、最悪の習慣が定着してしまった(それを正せない自分も悪い)。お陰で長男は未だに落ち着いて「自分で食べる」ことができない。半分くらい、食べさせてあげているんです。

ご褒美が切れたら子供本人も「よく分からないイライラ」でワガママ発動、この繰り返し。たぶん根本の原因は、親が共感してあげてないこと。
実家にいる間は、私の母が家事をしてくれるので私は子供たちに専念できる。自宅にいると、家事に加えて夫とお姑さんに気を遣わなくてはいけないので子供の気持ちに添う時間が少ない。この差は大きい!

やらなきゃいけないことと、やりたいことの分岐点妥協点を常に模索中。

それでも子供は可愛い。
こんな悩みも幸せだよなーと自分を励まそう。

日記 | trackback(0) | comment(0) |


2015/04/27 (Mon) 次男出産

4月23日に男の子を出産しました。

子供は「生み、育てる」のではく、「生まれ、育つ」ものだという助産師さんの教えを胸に、二人の息子たちがのびのびと育つ手伝いをしていきたい!と思います。

まずは帝王切開の傷の痛み(今朝、起き上がる時に腹筋に力が入って悪化)と、母乳育児の最初の試練(張りと切れ)を退院までに克服して、動ける体に戻します。妊娠中できなかった抱っこもかけっこも、上の子に思う存分つきあってあげなくては!

一週間、家を空けている間、家事に育児に仕事に頑張ってくれた夫に感謝。妻としても精進しなければね。

日記 | trackback(0) | comment(0) |


2015/03/02 (Mon) 育児書など

3歳児の育児方針に自信が持てなくなって、育児書を何冊か読んだ。

自分でポリシーがあるつもりでも、それが常識かはたまた非常識か、判断するほど偉くない。私は親としてまだたった3歳なので。その点、書籍は便利で手軽に古今の専門家の意見と自分の考えを擦り合わせることができる。

助産師の坂本フジエさん『大丈夫やで』
尾木ママ『親だからできる心の子育て』
黒川昭登氏『インナーチャイルドの癒し』
など。
中でも役立ったのは、知人(個人的に私がメンターとして慕う職場の先輩)のお薦めでもあった木田恵子氏の本である。読んだのは、『子供の心をどうひらくか』『0歳人1歳人2歳人』『添うこころ』の3冊。

この人の本は親がこうするべき!という現実の行動規範の前に、なぜそう教えるのか?なぜイライラしてしまうのか?なぜ育てにくいと感じるのか?の根本の原因を紐解いてくれるので、まず母親として心の整理がつく。その時の子供の心情もかなり帰納法的に、丁寧に説明してある。

ああしろこうしろと、理想ばかり説いている育児書の、方向としては正反対から攻めている内容である。

そして著者が精神分析家であると同時に、3人の子を育てた一人の母親として、正直に自分の未熟さを認め、育児の失敗と修正、試行錯誤した経験を語ってくれるので、共感しながら読むことができる。偉い先生が子供とはこういうものです。母親は優しく厳しくおおらかに…と説教しているのを読むと「分かっているけどそんなに完璧にできないよ!」と反発心が沸くのだが、木田先生の本はひたすら読者の気付きを待ってくれる。ひたすら根気強く自覚(どんな説教もお叱りも、自覚させなければ無意味)を促してくれると感じた。まあ私に合っている内容だったのだろう。

この著者の本を引用したいのだが、まだ読み終わったばかりで頭が火照っているので、まとまってからにする。しばしお待ちを。

最近チェックしている、芸人くわばたりえのblog『やせる思い』もお薦め。彼女の前向きさ、感謝の気持ち、適度なゆるさは母親として見習いたい。

実体験から得た教訓として、母親がピリピリしていると子供は不安定になる。母親はのんきな方が良い!母親の自己採点が厳しすぎると子供の粗相が自分のせいと感じて、利己的な理由で子供を許せなくなる。一方的なガミガミは子供をますますワガママにするが、子供の視点に立って受容と理解を示すと、子供は自然とついてくるし言うことを聞く。不思議です。

母親は子供を「育てる」のではなく、子供は育つもの。親はその手伝いを全力でやる。くわばたさんはそれを実践していると感じます。

私も育児を楽しむ朗らかママになりたい。
頑張ろう。

日記 | trackback(0) | comment(0) |


2015/02/23 (Mon) 子供の性別

長男が3歳、二人目を妊娠して8ヶ月に入りました。下の子はどうやら男の子。上の子の様子を見ていて、弟が合いそうだな、と思っていたので嬉しかったです。

ところが家族親戚同僚友人で、男の子二人と聞いて喜んでくれた人は、ほぼいませんでした。笑

覚えている中、1人だけが「子供にとっては同性の兄弟が一番いいし、男の子二人は、ママに優しくなりそうだね」とポジティブな意見を下さいました。「良かったね!」「楽しみだね!」って、だーーれも言ってくれなかったです。

その他は「あ…また男の子なんだ。ま、どちらでも元気に生まれて来てくれればいいよね!」という反応ばかり。中には「男の子しか生まれない祟り」とまで言う人がいました。

男女両方を授かるのが世の理想のようで、その考え方も分かりますが。

私自身、どこかで女の子を望んでいたから、あるいは女の子を希望する声に無意識に応えたくて、こんなに周囲のガッカリに過剰反応してしまうのかしら?考えすぎ?でも残念がられるこの子が可哀想。子供には罪はないのに。などと思ってしまいます。

だから私は妊婦さんに会っても、性別を聞きません。本当にどちらでもいいなら、聞く必要ないですものね。出産祝いを贈るくらいの間柄なら選ぶ為に聞きますが。

妊婦はただでさえ眠い、気持ち悪い、疲れやすい、ナーバスになっている!生き物です。どうか「赤ちゃんの性別を聞かない思いやり」の存在を認めて下さい!

心の叫びでした。

日記 | trackback(0) | comment(0) |


2015/01/24 (Sat) 家計簿

10年ぶりに家計簿をつけ始めました。
(羽仁もと子氏考案、「予算生活の家計簿」です。当座帳一体型タイプ。品目分けの煩わしさがなくて使いやすいです。)

家庭生活を見直そうという2015年の目標の一環。まあ思いつきとも言う。

大学生の時は仕送りとバイト代でやりくりしていたので、支出に関してはかなりキッチリ記録していた時期もあったのですが、社会人になって丼勘定の生活に。結婚してもやっぱりドンブリ。私より財布の紐が固い旦那様のお陰で家計は破綻せずにやって来られました。。第二子出産を控え、さすがに将来のために家計を管理せねば。と思い立った次第です。

私の場合、今までも一応月予算はザックリ立てておくものの(貯金これくらい、保険と固定費これくらい、お小遣いこれくら〜い、の程度)、お金の使い道を覚えていなくて、あれ?何でもうないんだろ? まあ下ろせばいっか。と月末に苦しくなるのが毎月のことでありました。

クレジットカードのポイント集めるのも好き。Suicaの「ピッ!精算」も好きでよく使っていました。Suicaはオートチャージでポイントが3倍貯まるので、お得になる気がして、何でもピッ!

使途不明金の原因はここですね。
夫「それでポイント貯めて5000円得するために、1万円の買い物してたら意味ないじゃん。」ごもっとも。

2015年1月1日からは!現金精算主義に変えました。そしてコンビニ通いを止めました!

何でもレシートをもらい、その日に家計簿に記入。クレジットカードは通販でのみ利用。自販機、コンビニは使わない。行くのはスーパー。

こんなの続くのか?と思いきや、今のところ、続いております。通勤時のコンビニ、全く行ってない。去年までは、コンビニが楽しくて、つい飲むヨーグルトだのお茶だの買ってたんですが、あれは悪しき習慣でした。行かないと決めるとおやつや水筒持参するようになったので、用がない。お昼は毎日お弁当。外食より節約になるし、健康的です。

私のズボラさから、根拠のない無理な目標を立てるから失敗するという経験則に基づき、「面倒くさい」と思わない程度の目標設定にしたことがポイントです。家計簿に記入するから。という簡単な理由で、様々な無駄行動を整理できました。

後はこれを11ヶ月、続けるだけ。
これが続いたら、来年以降も予算生活継続できるはず。
頑張ります。

日記 | trackback(0) | comment(0) |


2014/12/17 (Wed) バターがない

バターがスーパーの売り棚から消えて数ヶ月?が経ちますが、クリスマス目前とあってますます不足が気になります。

私は和食党で滅多にバターは使わなかったのですが(パンにはチーズ)、子どもに材料の見えるものを食べさせたくて最近お菓子作りを始めたからです。

おかきや小魚ナッツは作るのもシンプルで良い。問題は洋菓子で、ブラウニーやパウンドケーキ、ドーナツの材料は乳製品と砂糖がてんこ盛り。大体においてバターは欠かせません。一度、マーガリンで代用して焼いてみたフルーツパウンドケーキは、不自然な甘〜い匂い(臭い)がして不味すぎました。

マーガリンはそもそも体内で分解されないトランス脂肪酸が多いので敬遠してる食材の一つですし、これを食べさせたくないから自作を始めた訳で、もう2度と買うことはないでしょう。

バターが以前と同じ値段で、スーパーに入荷してくれることを願います。

日記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

ヤーヤ

  • Author:ヤーヤ
  • 都内ホテルのフロント勤務
    現在育児休職中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。