--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/01/25 (Wed) 生まれました

1月16日 午後15:14

2626グラムの男の子を出産しました

母子ともに経過順調です

手術台の上で、産声を聞いた瞬間

初めて妊娠検診のエコーで赤ちゃんを見た時と「同じ涙」が出ました。

生まれてくれてありがとう!とプラカード持って新宿駅前で演説したいくらい

感謝と感動の気持ちでいっぱいです。


まずはご報告まで。



ヤーヤ

スポンサーサイト

日記 | trackback(0) | comment(0) |


2012/01/12 (Thu) これが前駆陣痛か!

昨日、深夜に腹痛が来ました。

下腹部に重い生理痛のような痛みが5~8分おきに起こり、これが2時間くらい続き、まさか陣痛かと思うと眠れず

携帯の時計で痛みの間隔を計りながら、緊急帝王切開になるかもしれない不安に耐えていました。

結局そのまま寝てしまい、朝起きると痛みは引いていました。

先月、母親学級で助産師さんが

「本当の陣痛が来たら、眠れないほど痛いから分かりますよー。」

と言っていたのは本当でした。

しかし、陣痛が弱いという人もいるし、

もしも・・・

もしも

と思うと赤ちゃんの命がやはり心配です。

その時はお腹の張りも尋常でなく、赤ちゃんがアクロバティックに動くので、苦しんでいるように感じられ、よっぽど病院に電話しようかと思ったのですが、

本陣痛が5分間隔になってから電話して下さいね。救急車はダメ。前駆陣痛だったら帰ってもらいます」

という助産師さんの言葉を思い出し、

前駆かもしれない。きっとそうだ。そこまで痛くないし!不規則だし!と言い聞かせて、

布団の中でお腹をさすっていました。

調べてみると、前駆陣痛(陣痛の予行練習のようなもの)は人によって3日続いたり、1週間続いたり、一時的であったり7時間も続いたり、不規則であったり規則的であったりとまちまちのようですね。

自然分娩なら陣痛は歓迎するところですが、

逆子のため予定帝王切開で、出産プラス卵巣囊腫の切除手術を同時に行う予定である私は、

主治医のいない夜中に切るのは避けたい。



早く手術してしまいたい・・・・。

痛みが来る前はのほほんとしていたのに、

急に陣痛が来る可能性を知って怖くなったのでした。


起きてすぐ入院セットのかばんを再チェックしました。

いやーーーーーー、本当、

心臓に悪いです。

今日は安静にします。


日記 | trackback(0) | comment(0) |


2012/01/11 (Wed) 入院まであと4日

連休明けから、のこり数日、ランチだけは好きなものを食べよう!!

と、行きたかったカフェに行ったり、回転寿司に行ってみたり、

食楽を享受しています。

母乳に悪いケーキやチョコや乳製品、肉類は避けますが、それでも世の中には美味しいものがいっぱいありますね。

ちょうど「タニタ食堂」開店が話題になっていますが、ヘルシー志向の世の中。

外食=高カロリー、濃味付けの常識がもっともっと変わっていってくれると良いなぁーと希望。

ホールフードが普及してくれると嬉しい。


さて。

臨月に入ると胎動が少なくなる、と本で読みましたが

そんなこたぁーーーーありません。

チビは今日も元気に動きます。

妊娠中期に比べて子宮内のスペースが狭くなるから、赤んぼは大きな動きができなくなるだけで、

手足のバタバタや伸びの動きは相変わらず感じます。

当然、身体が育っているので以前より重く、大きい動きで感じられます。


私の場合は予定帝王切開なので、

手術より先に陣痛が来ては困る。

ということで張り止めの薬を処方されていて(副作用で手が震える!)、

母乳マッサージや安産運動は、陣痛促進の恐れから「やりすぎ禁止」と指導されています。

最近では張り止めを飲んでも、お腹が頻繁に張って苦しくなり、

外を歩きながら「これ、陣痛が来たんじゃ?」と焦る時があります。

痛くなく、張る程度では陣痛とは言えませんが、何しろ初体験だからどんな痛さか想像がつきません。

すいかのようなお腹はますます下に下がってきて、今にも、

もう出てくるんじゃ・・・・? と不安になる位置です。

(服の中にバスケットボールを入れて生活してみると、かがむ、靴ひもをむすぶ、トイレに座る等の不便さが分かるかも。お試しあれ)

赤んぼ

どんな顔かなーーーーーー

もはや恐怖や不安より、楽しみが勝ってきました。

人間が一人増える不思議と神秘。


言葉にできないですね。


日記 | trackback(0) | comment(0) |


2012/01/06 (Fri) 2012年

今日は小寒でした。確かに寒かった。

最後の妊婦健診に行ってきました。

エコー検査のために検査台に乗ってお腹を出したら、

私のお腹を見た瞬間、先生が「やっぱり逆子ですね」。

おへその隣が赤ちゃんの頭の形に丸くふくらんでいるので判るのです。

7ヵ月目からいま37週目(生産期:いつ産まれても良い)に入っても、

とうとう逆子は直らなかった。

相当な頑固君ですねぇ。

という訳で帝王切開になりそうです。

あと10日。

誕生日が決まっているというのも不思議ですが、

何といっても赤ちゃんが安全に産まれてくることが一番です。

入院も手術も人生で初めてなので緊張しますが、

赤ちゃんに会えると思うと楽しみです。

自然分娩ならカンガルーケア(赤ちゃんを胸にのせる)の時間がたっぷりあるらしいのですが、

帝王切開でも、産まれた直後、1分くらい対面時間があるそうです。

産まれた瞬間に赤ちゃんを抱きたかったので、それを聞いて安心しました。

1分でも。


残り数日となった夫婦ふたりの生活、

自分ひとりの時間を何にあてようか、

と考えると意外とやり残したことはなく、

このままゆったりリラックスしてお産を迎えるつもりです。


そうそう、胎教というものを信じていなかった私が

試しに今まで興味なかったクラシック音楽をツタヤで借りて聴いてみたら、

赤ちゃんの反応が大きくて驚きました。

音楽に合わせて胎動が活発になり、しかも「効く~~!」って言ってるような楽しげな動き。

私の趣味のBONNIE PINKやジュエル、夫の趣味のクイーンやエアロスミスには

無反応のくせに・・・・

ドヴォルザークやヴィヴァルディで踊る。

α派?というものの効果でしょうか?


音楽って不思議です。



次回は、

妊娠生活最後の食生活についてお送りします。

日記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

ヤーヤ

  • Author:ヤーヤ
  • 都内ホテルのフロント勤務
    現在育児休職中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。