--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/10/31 (Mon) 万聖節

ハロウィーン。日本と同じく中国でも馴染みが薄い行事です。
夜、バットマンみたいな角つき黒マントの男が魔女を連れて闊歩しているのを見ました(私が立ちすくんでいたらバットマンは"No reason to scared!"と声をかけてきた。英語圏の留学生ですね)

それ以外では、欧風レストランの店先にカボチャのポスターが貼られているくらい。中国家庭にパーティはなし。お菓子を取りにくる子どもの行列もなし。

中国では聖誕節(クリスマス)も同じで、休日にもならないし、サンタクロースも来ないそうです。クリスマスの概念自体が新しいもので、現在の大学生の子どもの頃はサンタなんていなかった。90年以降に結婚した若夫婦ならサンタを呼ぶ家庭もあるかも、という話です(22歳の同僚談)。クリスマスにカードやギフトを贈る習慣も、最近ようやく普及してきたらしいです。

これに比べると、日本人は結構、いやかなり、クリスマスが好きな気がします。宗教の観点はさておき、夢とロマンスがあるからでしょうか。

ルームメイトは午後1時無事に帰ってきました。
3日で7キロも痩せて。思ったより晴れやかな顔をしていました。どうやら教会に行っていたようです。助けてくれる人がいた、というのはそういうことなのでしょう。考える上でずいぶん彼女の助けになったようです。私には、よく分からない感覚ですが・・・。

食べて眠って夜には少し元気を取りもどしていました。でも電話でまた泣いてた。傷心の彼女を、怒鳴りつける一方の彼氏の声が聞こえ、彼女が可哀相になる。でも彼女はなるべく冷静に、真剣に二人のことを考えているから、自分で解決するでしょう。

とにかく、帰ってきてくれて良かった。

日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<電灯落下 | TOP | きたかぜ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://dreamysunup.blog4.fc2.com/tb.php/129-869f7361

| TOP |

プロフィール

ヤーヤ

  • Author:ヤーヤ
  • 都内ホテルのフロント勤務
    現在育児休職中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。