--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/12/10 (Sat) 留学生は見た

道端でナッツや果物や焼き芋を売る商人をよく見かける。
夜10時を回ると留学生宿舎の門付近で炒飯、炒麺を売る屋台が5台ほど集まっている。どれも屋根なし移動式屋台。鉄板の下に車輪がついている。

先日、ヤーヤはその屋台商人たちが一目散にぴゅーっと走り出す現場を目撃した。まだ湯気の立つ屋台を引っ張って。果物、炒飯を買いに並んでいた(中には支払いを済ませた)客をその場に残して。その速さたるや姚明も顔負け、まさに窮鼠そのものである。

(ここからは推測/一部想像です)彼らの商売は違法なのだ。仲間の誰かが「公安が来る!」という連絡を受けたら、瞬時に周囲に知らせる。そして走る。とにかく全力で逃げる。荷物が重かろうと道が悪かろうと関係ない。逃げなければ捕まる。捕まったら人生は破滅だ。この国で警察にだけは逆らってはいけない---警察の権力が強大だからだ。

ヤーヤは一度、焼き餃子を売るおばさんが、屋台と共に全速力でバス停を横切る姿を目撃した。
商売は楽じゃない。
自分はカタギの仕事に就こう---と何やら心寂しい気分で帰途に着いた。

日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<日曜の朝は教室で | TOP | 30°>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://dreamysunup.blog4.fc2.com/tb.php/150-7a824507

| TOP |

プロフィール

ヤーヤ

  • Author:ヤーヤ
  • 都内ホテルのフロント勤務
    現在育児休職中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。