--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/02/27 (Mon) 中国語歴4年ちょい。

留学経験があるのだから
たまには人様の役に立つエントリを・・・

と思いまして語学ネタです。
中国語は、リクナビでいまや検索数が
英語より多いというアッツイ言語のようです。

私は高校時代ちょこっと。
大学で専攻して2年半。
上海に留学して1年。
合計4年以上中国語と付き合っています。

経験から得た勉強方法と
感想をちょいと紹介してみます。


まず。

中国語は最初の3ヶ月
とは大学の先生の言葉。

あの400種類を越える発音を習得するのに
3ヶ月かかるんだそうです。
(私は留学してやっとコツをつかんだので3年かかりました)


母音

子音

加えて、声調(トーン)4種類。



難しい巻き舌発音: 吃chi 食べる

ウムラウト系発音: 去qu 行く

鼻から抜ける発音: 請qing お願いする



などが成功した瞬間・・・、

「あっ!!できた!今できた!」

という感動があります。
それくらいむつかしい。
つまり面白い。

発音の習得のコツは、聞いて喋る、その回数です。
普通語がキレイな人にひっついて回りましょう。
真似しましょう。盗みましょう。
私はそうしました。



次の壁は一年目くらいにやってきますが、
それは文法。


一文字で6つも7つも解釈が可能な副詞くん:就など

どこにつけても間違う気がする助詞くん:了など

とにかく多種ある構文法:但是~因為など



賢い人はシステマティックに分類・理解してるのかも。
私は沢山読んで慣れる!という方法で覚えたけれど、実際、


文法の特効薬は問題集をやりこむ
ことだと思います。


HSKや中検の、
「これは無理かも・・・」レベルの問題集を、
解説見ながらやってみる。近道です。


文法ができても会話がすぐ上達することはありませんが、
ものを書くとき役立ちます。

電子メールでもレジュメでも、
中国人が読んで違和感ない文章を書きたいなら、
新聞や漫画を読んでネイティヴの発想を真似して書く。
その上で、できれば添削してもらう のが良いと思います。



語学は真似でうまくなる!

私はCDの真似、先生の真似、刊行物の真似をして
話して話して書いて書いた。
これでうまくなったから本当です。

留学先でもやってたことは同じ。
材料と機会が劇的に増えるので、
上達スピードは速まりましたが。


最後に、
誰かの受け売りですが・・・


外国語会話はピアノと同じ。


英会話や中国語会話に週一回通ってもうまくはなりません。
残りの6日間、自分で練習しないと無駄です。
同じ理由で第二外国語で週2コマ勉強しても、
喋れるようにはなりません。
喋れる人がいたら、その人は授業以外の時間で練習してるんです。


なるほどなぁ~~、と思いました。
留学から帰ってきて、どんどん中国語が頭から抜けていく、
この虚脱感、やるせなさ。
そこへその言葉、ずどーんと来ましたよ。

日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<マーチ・ザ・インポータント | TOP | 今一番欲しいもの>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://dreamysunup.blog4.fc2.com/tb.php/218-12868f09

| TOP |

プロフィール

ヤーヤ

  • Author:ヤーヤ
  • 都内ホテルのフロント勤務
    現在育児休職中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。