--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/07/10 (Mon) 箱根旅行

ヤーヤ・ヤヤーヤン、先日、
箱根へ一泊旅行に行ってまいりました。
酷暑と雨天の悪天候、ロープウェイは半分架け替え工事中
という悲しい条件にめげず・・・

楽しんできましたよ!

何しろ1日半しか時間がありません。
私は行きたい美術館を4つ諦め、
温泉を諦め、
カフェを諦め、
こんなプランを遂行しました。

1日目
箱根湯本駅前散策(ティピカルなお土産群)

登山電車(アジサイとスイッチバック)

ロープウェイ(広大な景色)

大涌谷(源泉で茹でた黒タマゴが有名)

プチホテル(オーナー夫妻によるコース料理)

2日目
ガラスの森美術館(ガラス工芸・アート)

星の王子さまミュージアム(サン=テグジュペリの人生をたどる)

箱根ベーカリー(小田原駅)


何が面白かったかというと・・・
やはりミュージアム系ですね。
(アート好き)

ガラスの森では古代ガラス工芸と、
レースグラスの作り方を見て興奮。
精巧な技術に感心するのでしょうね。

作品を見ながら、
職人さんが何を思ってこの花瓶やら、お皿やら、
役に立ちそうもない美しいクラフトを作ったのかと想像---

恋人を思って作ったのか・・・
出世作にしたかったのか・・・
金持ちに売りたかったのか・・・
ガラスはどれだけ重く、火は熱かったのか・・・
出来上がったときの喜びはいかなるものか・・・
この作品にたどり着くまでに何回の試行錯誤をして何百の失敗作を壊したのか・・・

云々細かく想像するわけですね---
すると、まるでタイムトリップして、
作品を通じて作者の手に触れたような感覚をえるのです。

はい、これすなわち妄想の世界です。
ヤーヤのアート鑑賞法。

(でもこうして何世紀も経て温泉客の一人であっても作品を見て感じてもらえるなんて、作家としては本望じゃありませんか?ヤーヤ羨ましいです。)

連れは動かないガラス君たちより、
館外で毛づくろいをしていたカルガモ君たちを熱心に眺めていました。。興味は人それぞれね。


つづいて。
サン=テグジュペリ星の王子さまミュージアムは、言わずと知れた名作と作者を紹介した博物館。

『星の王子さま』に関する展示は一部で、
大部分は作者の生涯をたどるパネル展示でした。
が、この二つの展示、驚くほどリンクしているのですね。

例えば、サン=テグジュペリは飛行士として郵便会社や戦隊にて活動していましたが、彼のサハラ砂漠での不時着の経験が、『星の王子さま』の主人公とそのまま重なりますし、

また、王子さまが大切にしつつも、そのわがままさゆえに疎んじて置いてきてしまった赤いバラは気位の高い妻の姿を、

物語のキーフレーズの一つ、「大切なものは目には見えない」と王子さまに伝えるキツネは、作者が砂漠で見たフェレットを、

それぞれモデルにしています。


『星の王子さま』には
象を飲み込んだウワバミ、ばら、バオバブ、キツネ、井戸・・・
呑み助、王様、いばり屋、実業家、点灯夫、地理学者・・・

色んなエピソードが出てきますが
私が一番好きなのは羊の部分です。

王子さまが主人公に出会い頭に
「羊の絵を描いて!」とお願いし、
飛行機の修理で忙しい(加えて絵が得意でない)主人公は、
適当に羊を描きます。

しかし羊を3匹描いても王子様は気に入らず、
病気だとか、角があるとか、年寄りだとか文句をつけます。

主人公は半ばうんざりして、
穴の開いた木箱を描いて
「きみのほしい羊はこの中にいるよ!」と言います。

すると王子様はぱっと目を輝かせて
「こんな羊がほしかったんだ!」
とにっこりします。

そして
「この羊、草を沢山食べるかな?あ。寝ちゃったよ!この羊・・・」
なんて言うのです。

見えない羊こそが王子様を満足させたというエピソードです。
ある場面では、想像力が現物を凌駕することを象徴的に表しています。
ミュージアムショップに陶製の羊と木箱が売っていて、
思わず、手に取り。
お金がないので写真に撮りました。

このミュージアムでほかに良かったのは、上記のショップと
映像による作家の紹介と、
有名シェフによるフレンチレストラン。
渡り蟹のカニミソ風味パスタが大変に美味でありました。
博物館内の食事どころは高価で不味いとの偏見
ここには当てはまりません。


帰り道。
バスの窓から見えたポーラ美術館の入り口、
彫刻の森美術館の看板
に後ろ髪を引かれながら・・・
箱根を後にしました。

おみやげは、これ

20060719091338.jpg

温泉饅頭くん(右)。

日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<試験とかレポートとか | TOP | イェイイェイ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://dreamysunup.blog4.fc2.com/tb.php/273-0dc58271

| TOP |

プロフィール

ヤーヤ

  • Author:ヤーヤ
  • 都内ホテルのフロント勤務
    現在育児休職中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。