--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/05/07 (Wed) 電話でスペルアウト!その1

「お電話ありがとうございます」と受話器を取ったら

"Hello?"

英語の電話でしたー。

なんてことは10分に1回あるのがフロントです。


お名前や会社名の聞き間違いを防ぐために、

「単語を使ったスペルアウト」をヤーヤも勉強しました。

たとえば"T"と"D"は聞き分けづらいので

TOKYO の T
DENMARK の D

と区別するあれです。

日本人向けと外国人向けは違うらしいのですが

面白いので紹介してみたいと思います。

電話でメールアドレスを伝えるときなんかに、

結構使えると思いますよ!

ちなみにエルモの名前なら"E for Easy, L for Love, M for Mike, O for Over"

です。


===============================
*外国人向けのスペルアウト方法*
===============================

A Able

B Baker

C Charlie

D Dog

E Easy

F Fox

G George

H How

I Item

J Jack

K King

L Love

M Mike

N Nancy

O Over

P Peter

Q Queen

R Roger

S Suger

T Tiger

U Uncle

V Victor

W Whisky

X X-ray

Z Zebra


================================

以上です。

もしもピーターさんが自分の名前を説明することがあったら、

"P for Peter...."

って自分の名前を繰り返すんでしょうか。

田中さんが「田は田中の田です」みたいなね。


それにしても、今日の電話で

"P for Philadelphia"(フィラデルフィアのP)

って言ってた人がいましたけど、これは一般に通用してるんでしょうか。

"p"が2回も登場して、スペルアウト用なのにどちらもピーと読ませない

ところが洒落っぽくて面白いなぁと私は思うのですが、

考案者の方、あえてのフィラデルフィア、なんですよねきっと。


他にも面白い例があったらお知らせください。

ヤーヤが職場で使います。


日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<電話でスペルアウト! その2 | TOP | GW!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://dreamysunup.blog4.fc2.com/tb.php/443-a495e0c0

| TOP |

プロフィール

ヤーヤ

  • Author:ヤーヤ
  • 都内ホテルのフロント勤務
    現在育児休職中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。