--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/07/02 (Wed) 今日のお客様。2

***ホテルで出会うこんなゲストあんなゲスト***

***今日のお客様。2***


激怒するご老人がフロントで怒鳴ることには・・・

「なんで日本語で書いてないんだ!」

朝の10時。

ビビる女性スタッフ。

どうやら玄関に掲げられているホテル名が読めないのでご立腹のようです。

「外の看板だよ!なんで日本語じゃないんだ!俺は横文字はわからねーんだよ!」

「それは、あの、創業以来『ロゴ』としてローマ字で記載しているんです・・・」

「ロゴだあ!?」

「マ、マークです」

「マークぅ!?俺は、日本語で、書けって言ってるんだよ!今度来るときまでにペンキで塗っとけ!!」

ズカズカ足音を立てながら去って行きました。


えー、念のためご説明申し上げますと、

当ホテルはたくさんの外国のお客様をお迎えしておりますので、

分かりやすいよう、英語表記で案内をしております。

ご容赦ください。

日記 | trackback(0) | comment(2) |


<<研修旅行 | TOP | 今日のお客様。1>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

警備員とか配置されてないんですか?
でもそのクレーマーの気持ちもわからんでもないですね。
地図とかでも「町」をchoと表記しているわりには、
「公園」はparkと表記していたり、していなかったり。
英語、ローマ字、日本語アイデンティティーを少しは統一してほしいですね。

2008/07/03 21:24 | cu [ 編集 ]


 

>cuさん

サミットイヤーのためもあって警備員は増員配置されています。
招かれざるお客様は法と力によって退館いただいてます。

客室に入るベルスタッフは女性全員が無線機と
防犯ベルををつけています。

ある「犯人」がチェックイン時に触ったフロントのペンから
指紋を特定するため、ペンを触ったスタッフ全員の指紋をとられたことも。

夜勤の男性スタッフには空手の有段者がおりますし、
実際に技をかけて取り押さえた事件もありました。

ホテルスタッフは腰が低いと思われがちですが、
他のお客様の迷惑になる、スタッフに危険が及ぶと判断された場合は、
毅然とした態度で「お断り」しています。

記事に書いたようなクレーマーは、
頻繁にある「危険度が低いゲスト」と判断されますので
警備員を呼ぶにはいたりませんでした。

思うに、一番大変なのは、
クレーマーに毎日対応するマネージャー、
その心労を察すると出世の意欲も萎む若手社員なのでありました・・・。

2008/07/06 21:59 | ヤーヤ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://dreamysunup.blog4.fc2.com/tb.php/459-dc70a004

| TOP |

プロフィール

ヤーヤ

  • Author:ヤーヤ
  • 都内ホテルのフロント勤務
    現在育児休職中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。