--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/02/23 (Mon) 子供の性別

長男が3歳、二人目を妊娠して8ヶ月に入りました。下の子はどうやら男の子。上の子の様子を見ていて、弟が合いそうだな、と思っていたので嬉しかったです。

ところが家族親戚同僚友人で、男の子二人と聞いて喜んでくれた人は、ほぼいませんでした。笑

覚えている中、1人だけが「子供にとっては同性の兄弟が一番いいし、男の子二人は、ママに優しくなりそうだね」とポジティブな意見を下さいました。「良かったね!」「楽しみだね!」って、だーーれも言ってくれなかったです。

その他は「あ…また男の子なんだ。ま、どちらでも元気に生まれて来てくれればいいよね!」という反応ばかり。中には「男の子しか生まれない祟り」とまで言う人がいました。

男女両方を授かるのが世の理想のようで、その考え方も分かりますが。

私自身、どこかで女の子を望んでいたから、あるいは女の子を希望する声に無意識に応えたくて、こんなに周囲のガッカリに過剰反応してしまうのかしら?考えすぎ?でも残念がられるこの子が可哀想。子供には罪はないのに。などと思ってしまいます。

だから私は妊婦さんに会っても、性別を聞きません。本当にどちらでもいいなら、聞く必要ないですものね。出産祝いを贈るくらいの間柄なら選ぶ為に聞きますが。

妊婦はただでさえ眠い、気持ち悪い、疲れやすい、ナーバスになっている!生き物です。どうか「赤ちゃんの性別を聞かない思いやり」の存在を認めて下さい!

心の叫びでした。

日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<育児書など | TOP | 家計簿>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://dreamysunup.blog4.fc2.com/tb.php/685-78d3cbd8

| TOP |

プロフィール

ヤーヤ

  • Author:ヤーヤ
  • 都内ホテルのフロント勤務
    現在育児休職中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。